センター日記2018

【県立】情報セキュリティ研修を開催しました

 各県立学校の管理職と情報担当者を対象に、平成30年5月21日と22日に分けて【県立】情報セキュリティ研修を実施しました。
 倉敷市教育委員会倉敷情報学習センター館長の尾島正敏先生を講師をしていただき、情報セキュリティに対する心構えや注意しなければならないことを教えていただきました。ワークショップでは、例示されたセキュリティインシデントに対し、管理職や情報担当者として起こりうる被害を想定して、対応をどのようにすればよいかを深く考える機会になりました。

 

 

第1回えひめ教師塾を開催しました。

 小・中・県立学校教員と大学生が共に学ぶ第1回えひめ教師塾を、愛媛大学を会場に114名の参加を得て開催しました。本センター所長の「えひめの教員に望むこと」についての講義を受け、目指す教師像や課題について、グループ協議で活発な意見交換を行いました。その後、3名の愛媛大学教授の先生方に指導助言をいただきました。また、今後のえひめ教師塾と教職大学院についての紹介、平成31年度愛媛県公立学校教員採用選考試験説明会を実施しました。


平成30年度キャリアアップ研修Ⅰ(小・中・養・栄)教育センター研修第2回を開催しました。

 5月18日(金)に、キャリアアップ研修Ⅰ(小・中・養・栄)教育センター研修第2回を開催し、「教職員のメンタルヘルス」「学校安全と危機管理」「社会教育」「学校経営充実のための生徒指導」について学びました。日々の教育活動を振り返ったり、キャリアステージにおける自分自身の役割について考えたりして、学びを深めることができました。

ホリデーチャレンジセミナー「発達障がいの理解と支援」を開催しました。

   
 5月19日(土)、今年度最初のホリデーチャレンジセミナーを開催しました。講座では、発達障がいの特性について実際に演習を通して感じていただき、その特性に応じた支援方法を受講者の皆さんで話し合いながら探っていきました。また、普段の指導の中で感じている支援の在り方の悩みや問題などを情報交換する時間もありました。特別な教育的ニーズに対する支援のヒントを学ぶことができました。