授業評価システム構築事業

授業評価システム構築事業


  平成19年度に、授業による相互評価・自己評価、児童生徒による授業評価・学習評価等、多面的な授業評価システムを構築し、これを活用して教師の指導力向上と、組織的な授業改善に取り組み、確かな学力の定着向上を図ることを目的に、授業評価ガイドラインを作成しました。県教育委員会から指定を受け、研究を行った学校で作成された指導案を掲載しますのでご活用ください。

学校名  学年   教科   指導案(単元・題材) 
 西条市立飯岡小学校  小3 算数 表とグラフ
  小4 算数 角とその大きさ
  小4 算数 面積
  小5 家庭 「くもの糸名人になろう その2」
  エプロンやウォールポケット作りを通して  
  小5 家庭 「ときめきサラダを作ろう」
ふるさと西条の食材を生かして 
  小6 家庭 つばさプロジェクト「防災」
ねがいを込めて「つばさバッグ」
(非常持ち出し袋)を作ろう 
大洲市立大洲小学校 小1 体育 器械・器具を使っての運動
「マット運動」 
  小2 体育 水遊び
  小4 社会 きょう土につたわるねがい
「古い道具と昔のくらし」 
  小5 社会 わたしたちの生活と食料生産
「2 水産業のさかんな枕崎市」 
  小6 音楽 春の海
今治市立日吉中学校 中1 国語 情報を収集する力
「言葉を考える」 
  中3 保健体育 器械運動(マット運動)
愛南町立城辺中学校 中1 社会 武士の台頭と鎌倉幕府
  中1  技術・家庭  食生活を自分の手で