カテゴリ:課題別研修

平成30年度課題別研修「【情報】動画を活用するDVD教材」を実施しました

研修の様子1研修の様子2研修の様子3
研修の様子4研修の様子5研修の様子6

平成30年8月20日に平成30年度課題別研修「【情報】動画を活用するDVD教材」を実施しました。午前中にプレゼンテーションソフトを利用したフォトアルバム作成と動画編集ソフトを利用した教材作成を実習しました。午後は各自の動画教材作成を行った後、オーサリングソフトを利用して教材DVDを作成しました。受講者は、講座で学んだ効果的に動画を編集する方法を生かして、児童・生徒たちに「見せる動画」を作成することができ、有意義な時間を過ごされました。

課題別研修「【情報】ICTを活用した授業改善-タブレット端末活用-A」を実施しました。

     

 8月17日、課題別研修「ICTを活用した授業改善-タブレット端末活用-A」を開催しました。iPadとWindowsタブレット2つのタイプのタブレットを活用し、実際の授業を想定した活用を体験していただきました。その後、体験を基に、どのような活用ができるか、それぞれがタブレット端末の活用案を考えていただき、全体で共有しました。校種をこえて様々な活用方法が協議され、有意義な研修となりました。
 この研修は、10月にも同じ内容で行われる予定です。

平成30年度課題別研修「【キャリア教育】キャリア教育の指導と実践」を開催しました。

 

 

 

 

 

 

8月17日(金)に平成30年度課題別研修「【キャリア教育】キャリア教育の指導と実践」を開催しました。

午前は、「キャリア教育の動向」についての講義を受けた後、「キャリア教育の在り方」というテーマで、「最大限の安全と最小限の環境負荷」を考えてモノづくりをされている今治のタオル会社のIKEUCHI ORGANIC株式会社代表の池内計司氏から企業で大切にしていることやそこで働く方々について、今後の目標などのお話を伺いました。午後は、「キャリア教育の進め方」というテーマで環境省四国環境パートナーシップオフィス所長の常川真由美氏からこれからの世界動向ということで持続可能な開発目標(SDGs)や持続可能な開発のための教育(ESD)のことやキャリア教育の実践事例についてのお話を伺いました。その後、各学校でのキャリア教育の現状と課題について受講者同士が話し合いました。研修を通して、受講者はキャリア教育についての視野が広がり、今後の学校での実践に生かそうと意欲をもっていました。

平成30年度課題別研修「【小・音楽】主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善」を開催しました。

  

    主体的・対話的で深い学びの視点について整理・共有し、より多様で質の高い学びへと改善するための手立てについて考えました。また、各領域の学びの改善に視点を当て、主体的・対話的で深い学びを実現するための指導方法について研修しました。受講者の先生方は、2学期の授業での活用を目指し、グループのメンバーと協力して熱心に研修に取り組んでいました。

 

平成30年度課題別研修「【小・理科】4年生における観察・実験の基礎」を実施しました。

 8月8日(水)に平成30年度課題別研修「【小・理科】4年生における観察・実験の基礎」を実施しました。「物の温まり方の指導法」「月と星の動きの指導法」「授業に生かせる手作り教材の作成」の講座では、講義や実験・演習を通して、児童が見通しを持って観察・実験に取り組める指導方法について研修し、研究協議「教科指導の充実」では、参加された先生方が日頃、実験・観察において困っていることについて、熱心に意見交換をされていました。