カテゴリ:課題別研修

課題別研修「【中・数学】思考力・表現力を高めるための授業づくり」を開催しました

10月3日(水)に、課題別研修「【中・数学】思考力・表現力を高めるための授業づくり」を開催しました。「全国学力・学習状況調査の結果等を生かした授業改善の試み」「数学的活動を生かした授業改善の在り方」「数学ソフトウェアの活用」についての講座を実施しました。受講者は、日頃の指導方法について積極的に意見交換したり、幾何ソフト「GC」の操作を熱心に行ったりして、充実した研修となりました。

 

平成30年度課題別研修「【生徒指導】事例に学ぶ不登校児童生徒の支援の在り方」を開催しました。

  

10月3日(水)に、課題別研修「【生徒指導】事例に学ぶ不登校児童生徒の支援の在り方」を開催しました。「不登校の予防と支援」「不登校児童生徒の支援の実際」についての講座を実施しました。様々な不登校の事例についての協議を通して、不登校児童生徒の支援の在り方について考えることができた研修となりました。

平成30年度課題別研修「【情報】授業で役立つプレゼンテーション教材作成」を開催しました。

  

  
 10月2日(火)課題別研修「授業で役立つプレゼンテーション教材作成」を開催しました。パワーポイントの基本的な操作実習、ショートカットキーなどの便利技を学習し、簡単にしかも見栄えのするプレゼンテーション教材の作り方を研修しました。その後、学習した技能を生かし、実際に教材を作成していただきました。卒業式の別れの言葉を考えるための教材や、美術品の鑑賞のポイントを示す教材など、授業の目的や場面に合わせた教材を紹介し、みんなで共有し合いました。

平成30年度課題別研修「【養護教諭】養護教諭ステップアップ研修」を開催しました。

  
 学習指導要領改訂の概要と特別活動について講義を受けた後、主体的・対話的で深い学びについて、講義と演習によって理解を深めました。また、「学校保健計画」の内容や、効果的な活用の方法について再確認したり、検討したりすることで、自分たちが日々行っている仕事についても振り返ることができました。

平成30年度課題別研修「【特別支援教育】障がい特性の理解と支援の在り方」を開催しました。

8月27日(月)に標記の研修会が実施されました。幼・小・中・高・特別支援学校から参加された33名の先生方は、希望により「肢体不自由」「聴覚障がい」「視覚障がい」「自閉症」から2講義を選択して受講されました。松山盲学校・大島晶子先生の講義ほか、見えにくさや聞こえにくさの疑似体験や協議などを通して、障がいのある子どもへの理解を深め、基本的な関わり方や具体的な支援の在り方などについて学びました。