カテゴリ:その他の研修

平成30年度専門研修「【特別支援教育】アセスメントWISCーⅣ(分析・活用)」を開催しました

  

  

 11月2日(金)専門研修「【特別支援教育】アセスメントWISCーⅣ(分析・活用)」を実施しました。

 午前の「WISCーⅣ知能検査の分析と解釈、指導・支援への活用」の講義・演習では、砥部町立麻生小学校眞山昭一先生に、WISCーⅣ知能検査の分析と解釈及び指導・支援への活用の仕方について、事例を挙げながら分かりやすくお話しいただきました。午後からの「アセスメントを生かした指導・支援の実際」では、愛媛大学教育学部教授吉松靖文先生に、WISCーⅣ知能検査の検査結果活用による子どもの特性に応じた支援について、御指導いただき、理解を深めることができました。受講者からは、「WISCーⅣに関する理解がさらに深まった」「今回の研修で学んだことを、児童生徒の支援に生かしたい」などの声が聞かれました。

平成30年度専門研修「【特別支援教育】通級による指導担当者のためのスキルアップ」を開催しました

8月28日(火)に標記の研修会を実施しました。通級による指導の経験豊富な外部講師を2名お招きして、発達に課題のある子どもの特性に応じた具体的な支援方法や学校内外の連携などについて学びました。講師の先生から、2学期からの実践に役立つ教材も多数提供していただきました。班別協議では、支援方法や効果的な教材教具について、熱心に意見交換がされました。

平成30年度専門研修【特別支援教育】特別支援教育コーディネータースキルアップを開催しました

  

8月9日(木)に、表記研修を実施しました。講義では、松山東雲女子大学・高橋圭三先生から「インクルーシブ教育における合理的配慮」について、社会福祉法人福角会児童発達支援センターくるみ園・江戸卓郎先生から「乳幼児期における支援の現状と関係機関との連携について」それぞれお話していただきました。その後、班別協議では特別支援教育コーディネーターとして、各学校の情報交換や課題に向けて話し合いを行いました。専門性を向上させる上で、有意義な研修になりました。

平成30年度専門研修「【事務係長】ミドルリーダー研修」を開催しました。

   

 6月25日(月)に、平成30年度専門研修「【事務係長】ミドルリーダー研修」を開催しました。公務員倫理と事務係長の役割、今日的な教育課題、組織マネジメントに関する講義の後、学校組織の活性化と学校の課題への対応についての協議を行い、事務係長に求められる役割について研修を深めました。

【県立】情報セキュリティ研修を開催しました

 各県立学校の管理職と情報担当者を対象に、平成30年5月21日と22日に分けて【県立】情報セキュリティ研修を実施しました。
 倉敷市教育委員会倉敷情報学習センター館長の尾島正敏先生を講師をしていただき、情報セキュリティに対する心構えや注意しなければならないことを教えていただきました。ワークショップでは、例示されたセキュリティインシデントに対し、管理職や情報担当者として起こりうる被害を想定して、対応をどのようにすればよいかを深く考える機会になりました。