カテゴリ:えひめ教育の日関連事業

「えひめ教育月間」関連事業「古代への旅~古代のアクセサリー(勾玉)作りをしよう~」を実施しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月14日土曜日に、松山市考古館職員の方を講師に迎え、勾玉作りを行いました。小学生の親子5組が参加しました。
始めに、考古館の職員の方から勾玉が作られた時代の土器や衣装などを見せてもらいながら、当時の話を聞きました。その後、石を削って形を作り、磨いて勾玉を仕上げました。親子で話をしながら、楽しく活動していました。

参加した方々からは、「とても楽しかったです。考古館の方のお話もとても分かりやすく、楽しく学べました。」「今は技術が発達して少しの労力でできることが、昔は大変な作業だったということがよく分かりました。」「なかなか親子で一緒に長い時間作業をすることがなかったので、楽しかったです。」等の感想をいただきました。